06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

一周して、ふう

最近わたしのこのブログが話にのぼる機会が数度あり、ふと今までの文たちを全て読み返してみる。



気付けば最初は2010年夏

もう5年半が過ぎたんだな



20代後半の記憶
ちゃんと印にしておいてよかったなあと思う

後半はまだ1年ある
やはりまた、たまにことばを印しておこうかな…うむうむ。


可笑しいところ多々だけど

今より悶々していたぶん
今より豊か


今のわたしとは少し違うけれども
どこをとっても紛れもなくわたし

先のきらきらとした石を方々掻き分けて探していたけれど

そのあたりに、… …ぽと。
とたまに落としていた石もそれはそれでちょっときらっとしていた様

最近のいやいやもろもろも
素敵な石にかえるべく、、、



そんな活動…いいかも
| - | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) |

この頃

とても久しぶりに書くということをする気がする

一昨日、昨日と久しぶりに色んな人に会い話をして
私がいかに今考えることを辞めているかということに気づいた。

今日、1.2年前に悶々と色々考えていたことを読み返してみて、さらにそう思う

忙しくて安易なほうに流されているのが明白。

今の忙しさに私は完全に流されていて、それに対する私を打ち立てられていないんだろうなぁ

ごめんなさい
| - | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) |

椿、梅


今日もお花をいける

冬って花が咲いてないイメージだったけど
椿をはじめ沢山さんの花が咲いていることを最近知る

どの季節に何の花が咲いているかなんて今までの生活には必要のないこと


だけどするするともう、最近私の生活の中の片隅にちょんといる存在になってしまいました
本当によくよくはっとさせられる


最近は梅が、もう。

あのまあるいつぼみがひらいて
ひらいてもまあるい花びらがふっくらころんとしていて本当にかわいい


明日は早起きして天満さんに行こう
| - | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |

ことば、文など

たまぁに自分が色んなとこで書いたもろもろのことばや文をふと読み返す機会がある。

同じ自分なのになぁ。
遠ーいところへ行っていたり
またはちゃんちゃらもう稚拙だったりして
その瞬間々にしかない広がりが確かにあるのだなぁと思う。

もうあのときはすーうっと飛び出た瞬間であって、今の私とは違うのだなぁと思う。

次の日には忘れるし、だからやっぱり記録しておかないとなぁと思う。 忘れがちだけれども。


そのうち色んなことを忘れていってもっと客観的になってさーっと見つめた時にまた。
| - | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) |

素敵なお庭の広い場所

不思議な場所に行った

わたしにとっては、静かでとても広くすこし冷たい場所
かつて美術館だったところ。

あの場所にはたいそうな方々がいるらしい



そのような方々は
味方・敵
その両方になりうるらしい

大きな力は、その風向き次第だと。

あるのかなあ。
私には、言われないときっとわからなかった話。




只、何にしろ強いものがあるんだろうなぁ、きっと、この辺には

そして
どこにでもあったけどもう見えづらくなってしまったものが
ちゃんとまだかろうじて生活に生きている、のだろうなあ
少しずつ、実感

少なくともわたしが生まれたところ、過ごしたところよりは


あの場所は、素敵な場所だったけれど
持て余しそう

自然のただっ広いところ、とは違う
人間の作ったただ続く広い場所はすこし怖いなあと思う

 
| - | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0) |

新しい生活

新しい生活の始まり

毎日々、朝だったのがすぐに夜
あっという間に時間が過ぎてく


覚えることと、気づかなきゃいけないことがが沢山


でも気分はなんだか清々しいのです

ここに来る前に色々置いてきたのかもしれない


そしてここで、また重くなっていくんだろうなあ

でもその覚悟はしてきたつもり
でもでもこの清々しさは少しでも残しておきたいなあ






先生の刺繍を見ると、どきどきする

本当に布の上にのっている一粒々が
小さな素敵なかたまりの様

ふっくらつやつやとしていて
ひとつひとつころころと手の中で包み込みたいくらい


それが部分的に集中した上下の針と糸の運動で生まれていく

その糸が結晶した鈍くひかる密な部分。 それにとっても惹かれるのです



刺せるのなんて何年後か。


それまで自らを磨かないと、ということになります。

修行生活は楽しいことも辛いこともあると思うけど、楽しみ。



ここには知りたいことが沢山ある。 そして有り難いのは、それが推奨されていて、その機会をどんどん与えてもらえる。



所詮たかが知れているわたしは一旦置いとく。



よし
| - | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) |

日日是好日




夏休みなのに慌ただしい

なんだかかんだか やること沢山



あと1ヶ月でひとつひとつ片付けていかないと




日日是好日


たしかおじいちゃんが書いてもらったという書

ありがとうございます



おじいちゃんがいなくなり、今年も盆棚を用意して

キュウリの馬とナスの牛と待つ




いい言葉






昔の家って風通りがよくてとても良い すき
 
| - | 01:46 | comments(0) | trackbacks(0) |

気づけばもうすぐ8月

いったん一区切り

明日からしばらく夏休み




なんかそんな夜はいろいろ、振り返って考えてしまいます

少し前、数ヶ月前、一年前、もっと前、もっともっと前


どうなってきたのかな、私、など

客観的に見れていればいいのだけれど



思うのは、
ここ1、2年くらい特に沢山の人に影響を受けていること、すごくわかる

この部分はこの人

あの部分はあの人

あの時、あの言葉を言われてとか

つい最近だって色々、覚えてる





皆様ありがとうございます

嬉しいこと











| - | 23:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

帰り道

今日の月もとても綺麗で
 
3回見たら3回とも違って見えてなんだか得した気分です
 

るーん





もうちょっとあったかくなればいいな



そしたら崩れ落ちそうな高津湯に行ってお酒飲んでふわふわと帰ってそのまま寝たい寝たい
 




よいよい季節が始まって楽しくなりますよーに
| - | 00:57 | comments(0) | trackbacks(0) |

靴に

 最近は、服よりも靴に刺繍するほうが多いかもしれない


丸を描いたのだけれど

そのうちお花に












| - | 00:54 | comments(0) | trackbacks(0) |